10月は大塚「レストラン コクリコ」

kokuriko.jpg● 丁寧な手作りの美味しさが味わえる洋食レストラン!!

 音羽通りから茗荷谷へ向かう坂の入口に、コクリコさんはあります。当初は喫茶店として1977年にオープン、25年前から洋食レストランとして親しまれています。

 ジブリ映画の原作コミックのタイトルが、こちらのお店が由来として話題になり、ご存じの方も多いはず。(弊社では名刺印刷を承っております)

 そのメルヘン風な外観から、すでに地元の方々にはなくてはならないお店の雰囲気が漂っており、店内に入るとさらに、木のぬくもりを感じる内装からでしょうか、心地よい年月を重ねたような落ち着きを覚えます。

 筆者が最初にうかがったのは夜なのですが、ビールジョッキが陶製、窓枠が木製、まるでヨーロッパの田舎町を訪れているような雰囲気。メインのパスタやピザはもちろん、お酒にぴったりな前菜なども豊富です。

 ランチで有名な焼きカレーは必食!! 精力をつけたい日にはもってこいです。見た目から迫力のあるパエリア鍋に半熟卵と濃厚カレーの世界が眼前に広がります。

 こちらにうかがってみると、地元に根付きながらも非日常を味わえるレストランであることが感じられ、貴重です。これからもあの坂を見上げるたびに佇んでいて欲しい眺めであり、店内で落ち着いた美味しい時間を過ごしたいと思うお店です。

 未体験の方は是非、お店の心地よさと、まずは焼きカレーの美味しさを味わってみてください。

 

 

 

 

 

▲このページのトップに戻る